スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2018年08月23日

コアマンってなんですこ②

お久しぶりです、千切りキャベツです
前回の記事の更新から数時間、車運転してもらってる間に仮眠とって日光白根山に登り、翌日は尾瀬ヶ原歩いてナツいアツを満喫してきました
やっぱり自然の中歩くのは気持ちいいですね、忙しくて機会作れてなかったのもあって気分転換になりました

木道は歩きやすいし東京からのアクセスも悪くないので尾瀬おすすめです

またこの山行の中で前回の記事でも紹介したNARのレッグメディカルポウチを使って試してみました
最初は邪魔だけど割と使えるアイテムです
というのも慣れていないと腕を振ったときにぶつけてしまうんですよね、慣れてさえしまえば問題はないと思います
実際自分も二日目には特に気にすることなく歩けています
銃を携行する兵士なら腕振って歩くこともないだろうし、バックパックの容量を使わず、腕を伸ばしたところで簡単にアクセスできるなど利点が多いですね行動食のラムネとかめっちゃ取り出しやすかった

さて前置きはこれくらいにして今回の本題ですが海兵隊に派遣されているコアマンの教育について少し詳しく紹介していければなと思います
今回の内容めんどくさい分野ではあるんですが装備や被服組み立てるときにそのバックグラウンド知ってると理解が深まったりすることもあると思うんで「へー、こんな事やっとるんか」程度で読んでもらえるとありがたいです

まず海軍内部で14週間の衛生教育を受けたホスピタルコアマンのうち海兵隊に派遣される要員は海兵隊の教育部隊であるField Medical Training Battalion:FMTB(訳すなら野外医療訓練大隊でしょうか)に配属され8週間にわたって海兵隊員としての生活や戦闘に関わる技術の他、戦場での救命に必要とされる高度な医療技術などのトレーニングを受けることとなります
このFMTBは2個隊ありそれぞれFMTB West、FMTB Eastといい、FMTB Westは西海岸のキャンプ・ペンデルトンに、FMTB Eastは東海岸のキャンプ・レジューンに所在しています

そしてこちらがFMTBでの訓練の様子
※途中に血糊や四肢の切断を模した人形等が映るのでグロ系苦手な人はご注意ください

クソ長いのでちょっとずつ飛ばすのをお勧めします

動画の冒頭で海兵の装備品の支給シーンがありますがこれがFMTBが海兵隊の教育部隊であるという象徴的な所だなって個人的に思います(NWUの青とコヨーテの装備って組み合わせドチャシコくないすか、ないですかそうですか)

医療技術に関してはTCCCを基本としており、前線で必要となる止血・出血管理、気胸への対処、気道確保、点滴針の刺入、ショックへの対処、搬送法の訓練などが目立ちますね

戦闘訓練や戦闘中の医療訓練などではNVマウントのないLWH、MTV、サスペンダー付きのサブベルトに基本教練でよく見る構成でポウチをつけている他、Corpsman Assault System:CASのポウチも使っているようです
また、生きてる人が出血しているように見えるところはバックパックから血糊を供給する訓練用機材を使っていますね

FMTB Westでは先ほどのチャンネルで他にも動画をアップしているので興味のある方は覗いてみてください

これらの訓練を経て晴れて海兵隊の部隊に配属されるわけですが、もう一つ求められる資格があります
Fleet Marine Force Enlisted Warfare Specialistの認定です
これは海兵隊の部隊に同行して任務にあたる海軍兵にその能力が十分にあると認められると取得できるもので、コアマンは部隊配属から18か月以内に取得するようです
有資格者は下の図の徽章を着用することができます

式典や制服の時以外は見ないことが多いです、マジで
着用位置は左胸なのでつけたままプレキャリ着るとピンのところが身体に食い込んで痛いからですかね左乳もげるかと

以上の訓練・認定をうけて海兵隊員たちのサポートをするコアマン、カッコいいですよね!

またもまとまりの無い文章でしたがお読みいただきありがとうございました









  


Posted by 千切りキャベツ at 19:18Comments(0)装備雑記海兵隊